小学校受験で両親が留意すべき注意点を紹介します

小学校受験は、子供の将来を左右する大きな転換点です。しかし、小学校受験をする子供はまだ幼いので両親のサポートがなければ成功しません。両親がすべきこと、しないほうがいいこと。注意点が多々あります。まず忘れてはいけないことは、あくまでも主役は受験をする子供だということです。子供のためにと思いながら熱くなってしまい、結果的に子供の意志を無視してはいけません。そもそも子供は小学校受験をしたいと思っているのか。そこから考える必要があります。子供が本当に小学校受験をしたいと明確に意志を表明したら、積極的にサポートしましょう。また、子供の感情は変化しやすいので、受験に向けて準備をしている途中で受験に対するやる気がなくなってしまうこともあります。その時は受験をしたときのメリット、やめたときのデメリットをわかりやすく話し合いましょう。

子供にプレッシャーをかけすぎない

子供は親が思っている以上に、親の感情を読み取るのが上手です。そして親に対して気を使うものです。親が受験に力を入れすぎてしまうと、子供は親の期待を裏切ってはいけないと、大きなプレッシャーを感じてしまいます。小学校受験は、幼い子どもにとって人生で初めてといっていいほどの大きな出来事になります。子供は不安でいっぱいになります。ただでさえ不安で精神状態が乱れているときに、プレッシャーがのしかかると子供は押しつぶされてしまいます。そうならないために、両親は主観的な視点だけではなく、客観的な視点をもつことが必要です。主観的な視点、つまり自分の目線だけで物事を見るのではなく、事ある事に冷静になり、いま子供はどういうふうに考えているだろうか、自分の言動は子供にとってプレッシャーになっていないだろうか、と考えることが大切です。

両親は喧嘩をしないようにしましょう

受験期間に限ったことではありませんが、小学校受験に向けて頑張っているときは特に喧嘩をしないようにしてください。受験に対する考え方や、受験に向けての準備の中でお互いが子供のことを思っているあまり、意見が対立してしまうことがあるかもしれません。しかし、子供にとって両親が対立することほど嫌なことはありません。子供は自分の受験のせいで両親が喧嘩していると思い、受験に対してやる気がなくなってしまいます。そうならないために、親同士の意見が対立したときは、まず冷静になりましょう。一度相手の意見を受け入れて自分の意見とどこが違っているのだろうか、と考えます。そして相手の意見に反論するのではなく、こうしたらどうだろうかと助言をする形で言います。そうすれば言い合いにはならず、生産性のある話し合いになります。