小学校受験で子供だけではなく親が注意すべきことを解説

以前に比べると中学校受験だけでなく、小学校受験というのも比較的多くの家庭で考えられるようになりました。教育熱心なご家庭はもちろんですが、早めに受験というものを終わらせたいという気持ちからあえて小学校受験を選択されるご家庭もあります。更には近年の公立小学校への不安な面から逃れるような気持での受験を考えるご家庭もあります。
高校受験や大学受験と違い、お子さんが自分で入学を希望するケースは稀だと思います。多くの場合は親御さんの母校であったり、思い入れのある学校、または世間的な評判などもあると思います。
小学校受験の場合には実際に受験をするのは確かにお子さんかもしれませんが、保護者の面接もある事が多く、親も重要な存在になります。
小学校受験では実際の入試以前からの親御さんの対応や方針の影響が合否に関係する事も多くなりますので注意が必要になります。

小学校受験までに親が注意をしなくてはならない事

小学校受験の志望校は、大学受験や高校受験と比べると基本的にご両親の方針などが影響される事が多くなります。これはごく普通の事なのかもしれませんが、私立小学校にしても国立小学校にしても、志望校を選択するという考え方は、とても重要な事で親が最も注意をしなくてはならない事になります。
最もいけないケースとしては、人気のある有名校ばかり受験をさせるというパターンになります。私立小学校の場合には私立中学校以上に特徴のある教育方針や理念があります。人気校や難易度が高い小学校だからという理由では正しい選択方法にはなりません。第一志望も併願校もいわいる難易度の高い私立小学校を考えているではれば、基本的に面接時には苦戦しますし、万が一の時のお子さんの精神的なケアの問題にもかかわります。
お子さんの性格やご家庭の方針にあった、小学校を数校選択をする事が最も大切な事になります。

小学校受験の準備や合否発表後に親が注意をする事

小学校受験のために、数々の習い事をさせるのが当然のように思われているかもしれませんが、実際に受け入れる小学校の方としては、確かに一定の水準は各学校に設けてはあると思いますが、算数や国語などはあくまでも入学してからしっかりと教えるという気持ちもありますので、完成度の高さよりも、好奇心が旺盛であったり、何事にもくじけないという気持ちなどを評価する事もあります。つまり習い事や塾も良いのですが、完成度の高さばかり準備をするよりも、精神的な面での教育も重要になるという事になります。
合否の発表が行われた後の注意点は、主に精神的な問題になりますが、仮に第一志望が不合格でも併願校には納得して通える環境を整えてほしいと思います。中学受験するにしても、自信を失わない事も大切なので併願校を設けておき合格という経験をしっかりと体験させてあげる事も中学受験や今後の学校生活にとって重要になるといえます。